義務

 

裁判所の権利弁護士関税

芸術. 34 と 40. B) の スペインの裁判所の司法長官規程 (RD 1281/2002, の 5 12月), 補償システム裁判所検察官スペインを収集, 関税によって規制システム (公定歩合は、様々な枝に支払う必要が権利を決定, 訴訟費用として, 税関, 鉄道, 等) 私はそのサービスの価格を評価する任務 (弁護士は彼の元本と同じ間の委任契約の下で演技. このコマンドは、前に公証人や店員の前に実行することができます, Apudアクタの外観で), そして、これまで規制されていない発生主義を認めることなく、, 関税法に定めるもの以外の職務または査定.

人権関税、サービスの弁護士を利息計上権利を定め規制の弁護士を規制. 現在の権利料はによって承認され 勅令 1373/2003, の 7 11月.

記事の関税で使用されていた, 何度も, 特に市民のための, 紛争や需要量の値に比例した金額. しかし、他の材料の固定金額を設定されています.

我々は提供, 既存の関税法に加えて、, A 関税の計算 これであなたは、司法手続において関税の量のアイデアを得ることができます.

あなたは、記事の解釈に、どのような疑問を持っている場合, ページの下部にあるコメントを通じてお気軽にお問い合わせ.

義務 への8件のフィードバック

  1. アントニオ·アギラ のコメント:

    Daniel buenas tardes.
    Inicié un asunto de ejecución de título no judicial hace algún tiempo. Tras ponerlo me quedé en desempleo, por lo que me vi abocado a solicitar justicia gratuita, nombrándose nuevo abogado y procurador.
    Hasta ese momento lo único que se había hecho fue la presentación de la demanda.
    El caso es que el procurador inicial me exige el pago total de los derechos correspondientes como si hubiera llevado el asunto hasta el final.
    ¿Es eso posible si como digo, lo único que hizo fue presentar la demanda?
    感謝

    • 管理者 のコメント:

      親愛なるアントニオ, lamento comentarle que es totalmente correcto. Los derechos del procurador inicial se generan desde que se inicia el procedimiento y ese derecho arancelario, lo es para toda la fase. Así el art. 91 del Arancel de los procuradores dice:
      ” Devengo de aranceles.

      Los periodos de percepción fijados en este arancel se entenderán totalmente devengados desde el momento de su inicio. ”

      こうして, habrá Usted de pagar al primer procurador.

      一方, si no hubiera Usted solicitado la Justicia Gratuita, al final de la Ejecución, podría, con la Condena en Costas, tasarlas y resarcirse de los gastos ocasionados por minutas de abogado y procurador de libre designación. Ahora sin embargo, aunque haya condena en costas y éstas se tasen, al ser abogado y procurador de oficio, ya no es un derecho de resarcimiento de gastos suyo, sino un derecho de cobro de los profesionales del Turno de Oficio, por lo que los mandamientos de pago se emitirán a nombre de los mismos.

      挨拶.

  2. jesús のコメント:

    Un saludo.-
    Quisiera saber si en un proceso contencioso administrativo, el poder apud acta otorgado ante el secretario, implica algún coste del arancel de procuradores.-
    ¿Me podrían cobrar este otorgamiento como salida para práctica diligencias y en su caso cuanto supondría el coste de esta salida?.- El procurador es de la misma localidad de donde está el juzgado, sólo debe desplazarse a pie.-
    Tengo esta duda pues parece ser que por otorgar el poder apud acta no conlleva coste.-

    • 管理者 のコメント:

      Estimado Jesús, en el Apoderamiento Apud Acta, el poderdante es Usted y es obligatoria su presencia, no así la del Procurador. Además si Usted reside en una localidad adscrita a partido judicial distinto del Juzgado donde se ventila la causa, sepa que puede hacer el apoderamiento ante el Juzgado de su localidad.

      Normalmente, si el Procurador puede, le acompañará pues conocemos los Juzgados y el negociado donde está físicamente el procedimiento, facilitándole así la tarea. No se suele cobrar por el acompañamiento, aunque a veces no es posible realizarlo por la carga de trabajo a la que estamos sometidos.

      芸術. que creo es al que se refiere es el Artículo 84. Salidas del municipio.

      Cuando el procurador tenga que salir fuera de la población de su residencia, pero dentro del partido judicial, por razón de cualquier asunto o diligencia o para el cumplimiento de exhortos, oficios o mandamientos, devengará 14,86 ユーロ, percepción compatible con sus derechos en el asunto. En todo caso, serán de cuenta del cliente todos los gastos de salida que originen al procurador.” Estimo, para este caso en concreto, no sería aplicable.

      Como siempre, le recomiendo que plantee sus dudas abiertamente a su Procurador, que estará encantado de resolverlas.

      挨拶.

      Procuradores se Sevilla, アルカラ·デ·グアダイラとドスエルマナス.

  3. ラモン·ラミレスピエール のコメント:

    それは検察条にも適用可能である 394.3 LEC? 何の弁護士へ?

    • 管理者 のコメント:

      親愛ラモン, 記事. 394.3 弁護人は、明示的に企図, 彼らは直接適用されるように. それは、対向する弁護士の数分に適用される (何らsuyoない), の最大値を制限する 1/3 紛争の (いつも感謝していない限り恐怖心).

      弁護士に関して, 我々は関税の対象となります, 制限はない (オーケー, 実際に存在する場合, しかし、である 300.000 €としな​​いことが適切であると思う)

      私は芸術を同封. 問題になっている. セビリアの弁護士からのご挨拶.

      費用のためには、

      記事 394 最初のインスタンスのコスト非難

      1. 宣言型のプロセスで, 最初のインスタンスのコストはすべての彼の主張を拒否された当事者に課されなければならない, 裁判所は考えていない限り, などの理由に, ケースは、事実または法律の重大な問題を提起していること.

      理解するために、, 費用のために, 場合は法的に疑問だったことを同じようなケースで再発法学とみなされます.

      2. 推定値は、部分的または請求を却下された場合, 各当事者は半分にあなたのインスタンスで発生した、共通の費用を支払うもの, どんなメリットが無謀に訴訟したことにより、それらを1つを課すことをしない限り、.

      3. 時, 前項の規定により 1 この記事, 負け訴訟当事者impusieren海岸, それだけで支払う必要があります, 関税や関税の対象には含まれていない弁護士や他の専門家に対応, 処理量の三分の一を超えない総量, そのような宣告を取得している訴訟当事者のそれぞれについて、; 一人でこれらの効果, 貴重なクレームが決済されます 18.000 ユーロ, ない限り、, なぜなら問題の複雑さ, そうでなければ、裁判所.

      裁判所は、コストを支払うよう命じた訴訟当事者の向こう見ずを宣言している場合の規定は、前の段落には、適用しない.

      コストを支払うよう命じたときは、それ自体は法律扶助を受ける権利がある, 明示的に法律扶助法で述べたように、それだけの対向党の防衛のために発生した費用を支払う必要があります.

  4. MºDOLORES のコメント:

    親愛なる同僚:
    私は、アートに与えられなければならない私は解釈を理解するのに役立つしたいと思います 91 弁護士費用の.
    税効果, 発生主義システムを持っている弁護士のための, この記事では、それが財政に請求し、申告しなければならないことを意味します, 個人所得税, 手続きの開始時に, またはそれが終了した終了時?
    私はあなたの応答を待つ.
    敬具. どうもありがとうございました.

    • 管理者 のコメント:

      親愛なるマリアドロレス, 税の専門家ではありません. スペインの検察官の一般理事会は、このような事項についてのあなたの無料アドバイス税務部門を持ってい.

      しかしながら, 私たちの知識から, あなたがコメントした:

      ご存知のように簡潔に発生主義システムは、あなたが法案を発するとき宣言する必要があることを言うことである, しないコブラ. エル·アート. 91 これは、ワード·発生主義を使用するように混乱することができます, それは債権が手順の最初から生成されるということである. 理解する, 私たちは、論理的に考える, あなたは狭義扇子税の発生主義制度を推定することはできません, それは単に手順の最初に知りませんでした, 職務のどのような量が生成されます.

      こうして, これは、手順の終わりです, あなたが請求書を発するとき, それは、発生主義税制に発効となると, 前ではなく.

      挨拶.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です